PDB形式分子構造座標データ集の利用について

1.はじめに

 本データ集の分子構造データは、分子力学ソフトウェア MM 2や MMP2 及び分子軌道法計算プログラム MOPAC によって最適化したものです。それぞれのデータはあるがままで提供され、その正確性を保証するものではありません。教育・研究に利用される場合は充分吟味していただくようお願いします。

 データの利用については制限を設けませんが、データ集全体の転載はご遠慮ください。

2.データの利用法について

 たとえば、エチレンのデータを入手するには、

a  鎖式化合物 → a1:  炭化水素 →  a1-2-1:  モノオレフィン  とリンクを辿って、エチレンの登録コード a0001.pdb を

右クリックしてファイルを保存します。

保存したファイルを、Winmostarのウィンドウ内にドロップすれば読み込まれます。

※ ab initio計算の場合は、MOPACでいったん構造最適化してから利用するのが良いでしょう。


戻 る

Copyright by Teruo Nagao and Hiroshi Kihara