MOPAC 2016 Windows版の入手とインストール方法について

Academicユーザの場合のMOPAC 2016 の入手方法

  1. Open MopacのWebページ http://openmopac.net/ にアクセスします。
  2. 左側のメニューのDownloadsをクリックします。

ライセンスを既に所有している場合

  1. Academicsの項のIf you have a license key alreadyの右のdownload the latest version hereをクリックします。)
  2. 使用する環境に合わせて、必要な種類のファイルをダウンロードします。
    現在のところ、64bit版に比べて、32bit版の方が25%ほど高速だそうです。
     大容量のメモリを搭載したPCで大きな分子を扱いたい方は64bit版を選択してください。
     GPUを利用する際の必要条件に付いては、Requirements for GPU MOPACを読んでください。
    Winmostarで利用する場合は、Download stand-alone 64-bit MOPAC2016 for Windowsを選択してください。
    includes a small run-time Window版は、 実行時にQuickWinのウィンドウが開き、経過の一部が画面に表示されます。終了時にボタンをクリックしてウィンドウを閉じる必要があります。

※ 32bit版とGPU版の配布は終了しています。

ライセンスを所有していない場合

※ 大学などの組織で既にMOPACのライセンスを所有している場合があります。下記の申請を行う前にライセンスの有無を確認してください。

  1. Academicsの項の To request license key and downloadの後のclick hereをクリックします
  2. Academic downloads のページで、必要な情報を入力して登録します。
    (電子メールアドレスのドメインは「学術研究機関」でなければなりません。)
  3. [Submit]をクリックします。
  4. 使用する環境に合わせて、必要な種類のファイルをダウンロードします。
  5. パスワードファイルを生成するために必要なファイル名は電子メールで送られてきます。

MOPAC2016のインストールとパスワード認証ファイルの作成方法

  1. Cドライブの"Program Files"フォルダーの中に"MOPAC "フォルダを作成します。(小文字で mopac としてもかまいません。)
  2. ダウンロードしたMOPAC 2016のzip形式ファイルを解凍し、"MOPAC2016.exe" と "libiomp5md.dll" を、"C:\Program Files\MOPAC "フォルダ にコピーします。
  3. MOPACのデータファイルを作成し、ファイル名をメールで送られてきたパスワードとして、"C:\Program Files\MOPAC "フォルダ に保存します。
    (例  1234567890ab.mop あるいは 1234567890ab.dat)
  4. "C:\Program Files\MOPAC "フォルダを開き、データファイル(例 1234567890ab.mop )のアイコンをMOPAC実行形式ファイルのアイコンにドロップします。
  5. 正常終了すると、パスワードファイル (password for MOPAC2016 )が作成されます。

 パスワードファイルが作成されない場合は、ファイルの書き込み権限の問題を避けるため、パスワード認証ファイルの置き場所を変更してみてください。

※ パスワードファイルは"C:\Program Files\MOPAC "フォルダにある必要がありますが、 MOPAC実行形式ファイルは認証時とは別なフォルダに移動させて使用することも可能です。

MOPAC2016のパスワード認証ファイルの置き場所の変更

環境変数 MOPAC_LICENSE を設定することにより、パスワードファイル (password for MOPAC2016)の置き場所を変更することができます。

でCドライブの直下に、"MOPAC "フォルダを作成して利用する場合を例として、簡単に説明します。(別の環境をお使いの方やPCの設定に慣れていない方は、 「Windows パスの設定」などで検索して、「パスの設定」に関する知識を得てから実行してください。)

  1. デスクトップの[スタート]ボタンをクリックし、メニューから[システム]を選択します。
  2. 左側のメニューから[システムの詳細設定]を選択します。
  3. 「システムのプロパティ」ウィンドウが開きます。下部の[環境変数]ボタンをクリックします。
  4. 「ユーザ環境変数」の欄の[新規]ボタンをクリックします。
    (他のユーザにも適用する場合は、「システム環境変数」の欄の[新規]ボタンをクリックします。)
  5. [変数名]の欄にMOPAC_LICENSE、[変数値]の欄にC:\MOPAC\と入力します。
  6. [OK]ボタンをクリックします。
  7. [OK]ボタンをクリックします。
  8. [OK]ボタンをクリックします。
  9. システムを再起動します。

Return

2016 Copyright by Hiroshi Kihara