「火」とは、ものが燃えて光と熱を発する状態や現象、あるいはその時のものの赤熱した表面や炎を指します。

 太古の時代の火の発見から始まり、人類にとって「火」は無くてはならないものです。
 
 「火」は、日々の炊事や暖房に使われるのはもちろん、自動車や船、飛行機などの交通機関、
そして、現代の社会を支える電力を生み出すためにも使われています。

 私たちの身の回りにある「燃焼」について調べてみましょう。

「燃焼」とは
「発火」と「引火」
いろいろな燃焼
火の色と温度
化学反応と平衡
サイトマップ 変更履歴

  

構成を見直し、整理いたしました。今後は適宜内容を更新していきます。

  ご利用にあたってのお願い

■ 身の回りの化学のページへ

このページの著作権は,木原 寛と今福京子が保有しています。